検定試験は、ワーホリの短期留学でも受験可能ですか?

オーストラリアの語学留学にある検定試験とは「ケンブリッジ英語検定」のことだと思います。

ハードルは高くはありませんが、ワーキングホリデービザでは期間の短さが心配です。

■検定試験は英語の4要素すべて。

オーストラリア留学にあるケンブリッジ検定とは、1858 年に開発された検定方法で、その名の通りケンブリッジ大学によってつくられました。

現在では世界150カ国にこの検定が広がり、英語を母国語とするほとんどの国で取り入れられている能力テストです。

世界的に認められた検定であるため、TOECと並んで就職や転職の際の大きな武器になります。

テストでは、リーディング、ライティング、ヒアリング、スピーキングの4項目について総合的に評価されます。

■一般コースで英語を数ヶ月学んでから。

オーストラリアへ語学留学した人は、まず一般英語コースで数ヶ月間の語学学習を終えた後、学校の認定を得てケンブリッジ検定コースでFCEの資格を取得します。

このようなプロセスと期間から考えると、ワーキングホリデーでオーストラリアに語学留学したとしても、4ヶ月間の短期留学では受験資格を得るのは不可能と思われます。

もっとも、自分の英語力に自信があり、ケンブリッジ英語検定のプログラムを扱っている学校が入学を許可すれば可能性はゼロではありません。

■ワーキングホリデーではなく、学生ビザでのオーストラリア渡航を考えたほうが無理はないと思います。

いくら自信があっても、期間ギリギリの状態でチャレンジするのではプレッシャーもかかります。

学生ビザでオーストラリアに行っても就労はできますので、ワーキングホリデーと違いはありません。

むしろ滞在期間が長い分だけ有利です。

12月
12

Comments are closed.