オーストラリアへワーキングホリデーする場合。

オーストラリアにワーキングホリデーすれば、夢のような日々が待っている一方で、生活にかかる実費は、日々の切り詰めた実状があります。

一例を紹介しましょう。

■ホームステイ、ルームシェアは6万円~9万円。

一口にホームステイとかルームシェアといっても、住む場所によって違ってきますし、ホスト側家族や大家の方針・考え方でも費用が変わってきます。

日本人の感覚からすると、それほど安いというものではありません。

たとえばシドニーあたりの相場では、ホームステイが1ヶ月6万円~7万円、ルームシェアでも8万円~9万円はします。

予算にもよりますが、かなり切り詰めた意識でいないと、資金が底をつくのは早いです。

■語学学校の費用は4ヶ月で80万円前後。

語学学校の費用についても一概に高い安いと言いにくい部分はありますが、4ヶ月間で80万円前後はかかります。

オーストラリア滞在費用のうち、もっとも大きな割合を占めるのは、家賃と学費ですが、その他に食費やコーヒー代、交通費などがあります。

交通費も馬鹿にならない金額で、1日のプランの立て方やライフスタイルによって異なりますが、節約しても年間で10万円~12万円、月平均1万円程度はみておいたほうが良いでしょう。

■アルバイトをして何とかやり繰りしながら過ごす。

それほど余裕はないというのがオーストラリア、ワーキングホリデーの実際です。

ワーキングホリデー用のビザ申請費用からはじまって、家賃、食費、学費、交通費まで、年間にすると300万円~350万円の出費になります。

このうちのいくらをアルバイトで稼ぎ出せるかが問題です。

外国にいれば、節約するといっても裏技などはわかりません。

しっかり予算を立てて生活しましょう。

オーストラリアへワーキングホリデーする場合。 はコメントを受け付けていません。
11月
11

ワーキングホリデーすると、現地人以外の友達も大勢できる?

オーストラリアには、ほぼ全世界からと言っても良いほど、多くの国からワーキングホリデーを楽しむ人たちがやってきます。

その理由をいくつか記述します。

■ワーホリ渡航者への優遇策や環境づくりで高評価。

オーストラリアはワーキングホリデー協定を結んでいる世界各国の中でも、ななり積極的に推進策を打ち出しています。

ワーキングホリデーでアルバイトをして得た収入には所得税をかけないというのもその1つです。

残念なことに2017年1月からは撤廃されますが、他国にくらべてワーホリ用の短期語学流学校や英会話スクールのプログラムが充実しているなど、受け入れ体制の充実が目に付きます。

そのような環境の良さが、多くの国からワーキングホリデー利用者を呼び寄せる結果につながっています。

■環境と気候の良さで、ほぼ世界中から集まってくる。

オーストラリアにワーキングホリデーでやってくる人の国籍は、アメリカやカナダ、イギリス、デンマーク、フランス、イタリア、ドイツなどのヨーロッパ各国、インドネシア、香港、韓国、台湾、タイなどアジア各国、ここ数年はマレーシアからのワーキングホリデー希望者も増えているといいます。

治安が良くて友好的で、受け入れ体制が充実していること、それに1年を通じて温暖な気候であることも大きな要因です。

■世界各国の友人を作るなら、ワーキングホリデーを活用してオーストラリアからスタートするという目標でもいいと思います。

オーストラリアには、先にお話ししたように世界中から人々が渡航し、日本人と同じように友達や仲間を作りたがっています。

ですから友人になり交流をはじめるのに不自由はしません。

語学にももちろん役立ちます。

ワーキングホリデーすると、現地人以外の友達も大勢できる? はコメントを受け付けていません。
11月
11