基本的にオーストラリアの学校の種類はどれくらいありますか?

オーストラリアは、英語を筆頭に多くの国の言語が学べる環境にあります。

専門分野の言語も学べます。

じっくり検討して4ヶ月を有効に使いましょう。

■世界各国の言語が学べる恵まれた環境。

オーストラリアには語学学校がたくさんあります。

英語もあれば、ロシア語、韓国語、フランス語、イタリア語、中国語など、多くの種類があるので語学をマスターするのに苦労はしません。

ワーキングホリデーで働くということを1つのテーマにするなら、日本人であっても日本語のコースを選択して、幼児教育のための語学を学ぶのも1つです。

ある程度の語学力が認められれば、ベビーシッターの仕事に就ける可能性もあります。

■職業訓練校のような語学学校もある。

ワーキングホリデーの場合、じっくり語学を習得しようと思っても「4ヶ月の壁」というのがあります。

ワーキングホリデーで認められている学校に通える上限は4ヶ月ですので、あまりのんきに構えていられません。

学習の目的や達成レベルをしっかり描いてから、それにふさわしい学校を選択しましょう。

オーストラリアは産業界と学校の連携がすすんでいますから、職業訓練校のような学校もかなりあります。

専門化した技術と語学を同時に学べるのも魅力の1つです。

■語学の習得だけで留学するのか、専門性を重視するのか。

同じワーキングホリデーの間の学校選びでも、いくつかの選択肢があります。

オーストラリアは語学の種類も豊富なら、専門性を重視した学校の種類もたくさんあります。

ワーキングホリデーの4ヶ月という短期留学を前提にして、何を習得したいのかを明確にし、ピンポイントで集中的に学びましょう。

Categories: 学校の種類
基本的にオーストラリアの学校の種類はどれくらいありますか? はコメントを受け付けていません。
12月
12